<< ケニア ングルエリ AA | main | ホンジュラス モンテシージョ >>
ケニア タンバヤ AB
0
    二エリ地区らしいフルーツ感のある香りと、爽やかな酸味が感じられると思います。マイクロロットにつき、輸入元も既に終売となっていますので、気になる方はお早めに

    ■ケニア タンバヤ AB
    タンバヤ・ファクトリーは、中央州ニエリ県のアバーデア国立公園に近隣にファクトリーを構えています。1982年に、ムルキア生産者組合の傘下にある小規模生産者のファクトリーとして設立され、農民一人あたりの生産量は平均すると僅かに250本程度の小規模なファクトリーです。農園の最も特徴的なのは、その立地からくる生態系の豊かさです。農園のチェリーや草を食われることもしばしば。国立公園に面したエリアならではのバッファローやゾウ、アンテロープなど、野生の動物たちと共存した環境です。
     
    比較的雨量が少ないながらも、こうした生態系や自然の豊かさがタンバヤのコーヒーのクオリティを支えています。彼らは、この土地のテロワールや生態系を活かすことで、イキイキとした質の高い酸とボディ感、そして類い稀なフルーティなフレーバーを生み出す事がでると言います。世界に誇れるトップファクトリーになる事を目標に、高い生産意識と環境への愛情を持ってコーヒーの生産に従事しています。

    商品名 : ケニア タンバヤ AB
    生産国 : ケニア
    収穫エリア : ニエリ地区
    農園名 : タンバヤ・ファクトリー
    生産者 : ルムキア生産者組合
    標高 : 1500m
    品種 : SL-28、SL-34
    生産処理 : ケニア式
    カッピングプロファイル : ブラウンシュガー、ブライト、マリック、チェリー、エキゾチック、スムース





     




     
    | コーヒー豆の解説 | 16:00 | - | - |