<< ホンジュラス モンテシージョ | main | 水出し珈琲 >>
コスタリカ ラ・リア ピエ・サン ダブルフリーウォッシュド
0
    コスタリカから「ダブルウォッシュ」という新しい生産処理が生まれました!非常に透明感のある風味特性とコスタリカ特有の明るい酸、フルーティなフレーバーのコーヒーは通年、供給できる量ではありませんが、是非、お試しいただきたいマイクロロットコーヒーです。

    ■コスタリカ ラ・リア ピエ・サン ダブルフリーウォッシュド
    スペシャルティコーヒーの世界をリードする国の一つ、コスタリカでは毎年のように新しい生産処理(精選)が生まれ、常に進化と多様化が見られます。この「ダブルウォッシュ」は、まずウォッシュ工程で、パルピングし、ミューシレージを取り除きます。通常は、この工程で出たウェットパーチメントを乾燥させるのですが、ダブルウォッシュでは、このウェットパーチメントをさらに半日から一日、水に漬けます(ラリアでは、24時間水に漬け、途中で1度水を取り替えています)
    そうすることで、わずかに残ったミューシレージが自然発酵し、脱水とともに取り除かれます。また、水に漬けることで雑味が抜け、クリーンカップの高い豆になるとも言われています。通常のウォッシュの工程にもう一段階水洗工程を入れるので、ダブルウォッシュと呼んでいます。
     
    今回の新商品は、タラスのスペシャルティコーヒー生産者、ラリア・マイクロミルの商品です。2008年にスタートしたミルで、ルイス・アルベルト氏とオスカル氏の兄弟が自分たちの農園の豆を生産処理・乾燥しています。非常に謙虚な人柄のふたりですが、ほぼ毎年COEを受賞しており、実績は折り紙付きです。

    そんな彼らが2013年に新たに購入したのが、ピエサン農園です。タラスの中でも今農園開発が盛んなSan Franciscoというエリアにあります。ここは標高2000m近く、斜面は険しく、日照は山に遮られやすく、夜の冷え込みも厳しいので、元々あまりコーヒー栽培がおこなわれていなかった場所ですが、逆にスペシャルティコーヒーにとって、こうした厳しい環境は品質ポテンシャルの高さにつながり、ここ数年のうちに急速に注目を集めるようになりました。
     
    商品名 : コスタリカ ラ・リア ピエ・サン ダブルフリーウォッシュド
    生産国 : コスタリカ
    収穫エリア : タラス、サンフランシスコ・デ・レオンコルテス
    農園名 : ピエ・サン農園 / ラ・リア マイクロマイクロミル
    生産者 : ルイス・アルベルト・モンゲ・ウレーナ/オスカル・モンゲ・ウレーナ
    標高 : 1850-1950m
    品種 : レッドカトゥアイ
    生産処理 : ダブル・フリーウォッシュド
    カッピングプロファイル : トランスペアレント、オレンジ、アプリコット、ピーチ、ジャスミン、スムースマウスフィール






     
     
    | コーヒー豆の解説 | 08:48 | - | - |