<< ケニア タンバヤ AB | main | コスタリカ ラ・リア ピエ・サン ダブルフリーウォッシュド >>
ホンジュラス モンテシージョ
0
    近年スペシャルティコーヒーの品質が飛躍的に向上してきているホンジュラス。インティブカ県のポッソネグロは注目のマイクロオリジンで、上質なテロワールを擁し国内・国際品評会で毎年上位に名を連ねています。味わいは、フレーバフルで強い個性を感じます。アフターテイストのフレーバーも大変印象的です。入荷は小量ですが、この機会に是非お試しください。
     
    ■ホンジュラス モンテシージョ
    ウィルメル氏は、7人のお子さんを持つ大家族の大黒柱。1997年に父から4Haの土地を受け継いだのがモンテシージョ農園の始まりです。初年度コーヒーを生産できたのは、わずかに0.7Ha。それは家族を支えるためには小さな小さな規模でした。そして、品質を向上させ、5年前からマイクロロットとして流通する事が叶い、徐々に土地を買い足しながら現在では13Haほどの規模でコーヒーを生産しています。
     
    品質の良いコーヒーを生産する事は、コーヒーへの情熱だけでなく、家族と幸せに暮らす希望でもあると言います。モンテシージョは、昔ながらの栽培方法を続けながらも、家族一丸となって丁寧に農園を運営しています。今後はウェットミルや倉庫、乾燥場などを改良し、懸命に素晴らしいコーヒーを追い求めたいと言っています。
     
     マサグアラはサンチアゴプリングラとの県境を挟んだ山間部にあります。実は2年前にミューシレージパルパーを導入するも、風味が落ちたことから伝統的な発酵槽を用いての生産処理を再開したエピソードがあります。家族経営の中で苦労が絶えないながら、品質第一で取り組んでいる姿勢を感じるエピソードに感じます。
     
    商品名 : ホンジュラス モンテシージョ
    生産国 : ホンジュラス
    収穫エリア : インティブカ ポッソネグロ マサグアラ
    農園名 : モンテシージョ農園
    生産者 : ウィルメル・アリクシス・グラウ・モントーヤ
    標高 : 1650m
    品種 : カトゥアイ、ブルボン、ティピカ
    生産処理 : フリーウォッシュド
    カッピングプロファイル : フローラル、オレンジ、ブルーベリー、チョコレート、スパイス、ロングアフターテイスト








     


     
    | コーヒー豆の解説 | 19:08 | - | - |