<< エチオピア イルガチェフェ G/1 コンガ農協 | main | 鶴田農園の桃 >>
水出し珈琲【Cold Brew Coffee】
0

    お店でご提供するCold Brew Coffeeのレシピをご紹介いたします。同梱の説明書とは少し違いますが、ご家庭で抽出される場合の参考にして頂ければ幸いです。


    1.使用する機器は理科室の実験装置を連想させる、ハリオのウォータードリッパー・クリアWDC-6。



    2.フィルターは金属メッシュを使用していますが、じっくり時間を掛けて抽出するため、微粉は殆ど混ざりません。



    3.深煎りの豆60gを細挽き(グラニュー糖に近い粒度)で用意します。今回はバリ・ナチュラルの深煎りを使用しましたが、クラシックブレンドでもOKです。



    4.ガラス容器に組立てた金属フィルターをセットし、まず、半分の粉30gを投入します。




    5.投入した粉に、水50佞魃澆鯢舛ながら静かに満遍なく注ぎます。急ぐと水は素通りしてしまいますので注意してください。
    ※水をムラ無く浸透させておく事が一番重要なポイントです
    説明書では「ヘラでよくかき混ぜてください」となっていますが、ヘラの使用は最小限に留めてください。かき混ぜ過ぎると粉と粉の間に隙間ができ、粉がふっくらと膨らまなくなります。テストでは明らかに香りが弱くなってしまいました!




    6.残りの粉30gを投入し、同じく水50佞魃澆鯢舛ながら静かに満遍なく注ぎます。合計、粉60gに対し水100ccを浸透させた事になります。浸透が終わったら円形のペーパーを粉の上にセットします。上手く浸透できると、容器の口いっぱいまでふっくらと膨らみます。



    7.浄水器を通した水か、一度沸騰させ冷ました水760ccを上部のポットに注ぎます。粉の容器をセットし、水の落ちる速度を10秒間に10滴前後に調整します。



    8.半分ほど抽出が進むと水の落ちる速度は遅くなりますので、コックを少しだけ開けて、始めの速度に戻します。4時間前後で約740ccの抽出が完了します。抽出する珈琲の濃い薄いは、上部ポットにセットする水の分量で調整できますので、お好みに合わせて増減してください。






     

    | お店と焙煎の話 | 08:00 | - | - |