<< コーヒー酒の作り方! | main |
排気ファンのモーターを交換。
0

    排気ファンと言うとイメージは換気扇ですが、ファンの部分は常に150前後の熱風とチャフ(豆から出る燃えカス)にさらされていますので、想像以上にストレスが掛かります。

     

    実は5年ほど前の話ですが、排気系統(煙突を含む)をきれいに掃除すると排気が弱くなった様に感じられ、どこかで空気が漏れているのでは無いかと疑いました。しかし掃除をする度に同じ状況になるのです。よくよく考えてみると、血管が細くなると血圧が高くなる原理と同じで、排気系統も細くなれば風圧が高まり、一見排気が強くなった様に感じられたと言う訳です。

     

    結果として、風圧が変化すると焙煎が不安定になりますし、豆の表面が焦げる要因にもなりますので、理由が分かってからは、月1回、焙煎機と排気系統の全てを清掃する事にしています。

     

    余談ですが、燃焼室に燃えカスが溜まると、燻製の原理と同じで燻ってしまいますので、燃焼室内の清掃は日課となっています。

     

    どの世界にも奥深さはあると思いますが、焙煎も考えていた以上に奥は深そうです(笑)

     

     

    1.排気ファンのユニットを取り外します。手前は新しいモーターですが、重さ6kgもあります。

     

     

    2.古いモーターの台座と排気ファンを取り外して清掃した後、新しいモーターに組付けます。しっかりセンターを出さなければ振動の元になります!

     

     

    3.本体に装着して完成!新しいモーターが眩しいですね(笑)。

     

     

     

     

    | お店と焙煎の話 | 09:00 | - | - |