<< 排気ファンのモーターを交換。 | main |
水出し珈琲【Cold Brew Coffee】
0

    お店でご提供しているCold Brew Coffeeのレシピについて、多くの方からご質問を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。同梱の説明書とは少し違いますが、この器具を使ってご家庭で抽出される場合の参考にして頂ければ幸いです。


    1.使用する機器は理科室の実験装置を連想させる、ハリオのウォータードリッパー・クリアWDC-6。



    2.フィルターは金属メッシュを使用していますが、じっくり時間を掛けて抽出するため、微粉は殆ど混ざりません。



    3.深煎りの豆70gを細挽き(グラニュー糖に近い粒度)で用意します。今回はエチオピア イルガチェフ・ナチュラルの深煎りを使用しましたが、クラシックブレンドやシングルオリジンでもそれぞれの特徴をお楽しみ頂けると思います。




    4.ガラス容器に組立てた金属フィルターをセットしてから、細挽にしたコーヒー粉70gを投入します。




    5.浄水器を通した水か、一度沸騰させ冷ました水100佞鬟櫂奪箸茲蠕鼎に満遍なく注ぎます。急ぐと水は素通りしてしまいますので注意してください。注ぎ終わったらヘラ(スプーンの柄などで良い)で2〜3回ほど撹拌し、水通しした円形のペーパーで蓋をします。(この工程は、すこし作業はしにくくなりますが、ガラス容器をタワーにセットして行っても構いません)

    説明書では「ヘラでよくかき混ぜてください」となっていますが、ヘラによる撹拌は軽く2〜3回程度に留めてください。かき混ぜ過ぎると粉がふっくらと膨らまなかったり、メッシュが目詰まりすることがあります。



    浄水器を通した水か、一度沸騰させ冷ました水を上部ポットのレベル5まで満たします。点滴コックを調整して、水の落ちる速度を10秒間に8滴前後に調整します。

    抽出を開始して30分ほどでコーヒー粉はMAXまで膨らみますが、コーヒー粉の種類や焙煎の深さの度合いによっては、ガラス容器から溢れることがあります。(何度かトライすると豆の癖が分かりますので、コーヒー粉を70gから減らしてください)



    7.点滴コックは構造上調整が難しく、安定しませんので、できれば30分おきに確認し、落下速度を調整してください。4時間前後で650cc前後の抽出が完了します。抽出の終わった液体は下部と上部ではコーヒーの濃度が違いますので、スプーンで2〜3回ほど撹拌して完成です!

    抽出する水出しコーヒーの濃い薄いは、上部ポットにセットする水の分量で調整できますので、お好みに合わせて増減してください。

     

     

     

     

     

     

     


     

    | お店と焙煎の話 | 21:00 | - | - |